忍者ブログ
*このキットにみかんは付いていません。
[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先ず、既存のSAFSキットのボディラインを好みにいじくる事に。
もっとふくらみを強調し、マッシヴ(?)な印象になる様にエポキシパテで盛っては削り。
今にも前のめりになりそうなくらいラインを強調。
きっと反則なくらいボディは尖らせた。
消えたラインはナイフ、エッチングソーなどで復活させた。
手足、背中はキットのまま。
左腕のレーザーはたしか・・・ラプターから拝借。銃口を真鍮パイプに。
手足の中は今回グルーガンにてホットメルトを詰めた。
間接シーリングはエポパテにて造型。
肩アーマーは小さめのガシャポンを雄型に厚めの塩ビ板をヒートプレス。
それをカット後、鉛の板重りでボディと接合。
溶きパテを筆塗りし、ジャーマングレーをスプレー塗装。
奥まった所には黒鉄色を筆塗りし、艦底色を全体に筆塗り。
ニュートラルグレーを全体に塗った後、その他のグリーン系を乗せるも失敗。
想像してたカラーより、カラフルになってしまった為。
そこで神様の色登場。(02グレー)
グリーン系の部分は02グレーを中心に混色しながら調整。
ぼかしは薄め液を直接塗って塗膜上で混色するなど。
サイコロマーキングはガルグレーを中心にホワイトではなく、様々なグレーで描く。
背中のパイプは07ブラウン。
テカテカの状態でデカールを貼る。
デカールの乾燥後その上に塗装を少々。
(注意書きは、薄めのグレーをさっと塗ったり)
つや消しトップコートを吹く。
ウェザリングは今回、控えめに。
カッターなどで塗膜を直接傷つけたり、黒鉄色で描き込んだり、
グレー系の色鉛筆で傷を描いたり。
仕上げはタミヤのウェザリングマスターA、Dセットにて、足部やパイプを中心に。
鉛筆(B)でアーマーのカドをテカらせたり。
背面に色鉛筆のグレーでナンバーを入れてみたりで完成。

オレンジの背景でもう一度(?)
PA310023.JPG










~反省点~
ボディにエポパテを乗せる際、100円ショップパテだったので必要以上に大変だった。
100円パテは充填にこそ向くが表面に影響がある場合、危険である。
スリッパを履かせるのを忘れた。
パイプ関係はキットの物でなく、もう少し太めにすればよかった。
トップコートを早朝に吹いたせいで、晴天だったにも関わらず金属部分がカブった。
恐らく朝露の降りる時間帯だった為かと。
(薄め液を筆で拭き取るように撫で付けて解消)
ボディのテクスチャーはやりすぎかも知れない。
人でなし。
デカールは古かったせいかパリパリ割れた。
なんとかつないだが、WAVE製品のデカールもやばいのか?
シルバリングもした。

~良かった点~
大好きな機体、大好きなカラーリングで自分なりのSAFS像を追求できた。気がする。
在庫を減らせた気がした。気がしただけ。
肩アーマーはコレくらい大きい方がカッコイイと思う。気がする。
改めてSAFSは隙のないデザインだと思った。

PA310058.JPG








さて、次に行きましょうね。
次回作は・・・。
さて何にしようかな?

通信おわり







PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/30 こんた]
[05/29 マウ下]
[02/14 マウ下]
[02/13 こんた]
[02/12 マウ下]
最新記事
(10/07)
(09/29)
(09/27)
(09/24)
(09/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
こんた
性別:
男性
職業:
はぐれ営業マン
趣味:
模型をいぢる事
自己紹介:
埼玉地区に生息する、ノーマルタイプなオス固体。
昼間は主に糧を得る為に活動し、
夜な夜な模型をいぢくる習性がある。
その好みには多少の偏りがある。
マシーネンクリーガーをメインに、
飛行機、AFVなど、現在のプラモデルシーンからは
ちょっと横道を微速前進中。

だけど数字にゃはははん泣けてくるらしい。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright © 所沢みかん第二警備隊 All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]